結婚指輪を選ぼう【シンプルな飽きのこないデザインがおすすめ】

デザインについて

手

実際に現物を見て決める

札幌で婚約指輪を購入するとき、デザインは特に重要な要素です。主に4種類あり、それぞれに個性的な特徴があります。1つ目のソリティアタイプは複数の爪で、1粒の宝石を留めているデザインになります。一般的に4本又は6本の爪で留めています。爪の本数で印象が変わってくるところが特徴です。例えば4本爪では周りからの光を受けやすくなるためダイヤモンドが、より輝いて見えます。ソリティアタイプの婚約指輪は、デザインがシンプルなため札幌でもパーティーから普段の外出など、あらゆる場面のファッションに似合います。2つ目のサイドストーンタイプは真ん中のダイヤモンドのサイドに、小さいダイヤモンドを付けているタイプです。多少真ん中のダイヤモンドが小さい場合でも、サイドのダイヤモンドにより豪華に見えます。しかし、しつこさのないデザインのため札幌でも、日常で使いやすくなっています。またサイドのダイヤモンドの色合いを変えることで、好みのデザインにできるところがポイントです。3つ目のエタニティタイプの婚約指輪は、リングを飾るデザインです。全周飾るものはフルエタニティ、半周飾るものはハーフエタニティになります。リングには同サイズで同カットの宝石をとぎれなく留めていきます。留め方や色合いでシンプルにも豪華にもできるデザインです。宝石が並んでいることから「永遠の愛の象徴」と呼ばれています。4つ目のフラットタイプは厚みのあるリングを用いて、ダイヤモンドを埋め込んでいるものです。シンプルで個性的なデザインのため、日常で最も身につけやすいデザインになっています。札幌で婚約指輪を購入するときでも、これらの特徴を知って実際に現物を見て決めることが大切です。

Copyright© 2018 結婚指輪を選ぼう【シンプルな飽きのこないデザインがおすすめ】 All Rights Reserved.